陥落

陥落とは

・他同盟プレイヤーに自分が所属する同盟の盟主の本城を攻撃され本城の耐久度が「0」になった
・他同盟プレイヤーに自分の本城を攻撃され本城の耐久度が「0」になった

どちらも同じ条件である他同盟プレイヤーに本城の耐久度を「0」にされた時に陥落となります。

気を付けないといけないのが、自分が所属する盟主の本城の耐久度が「0」にされた場合です。
では同盟の盟主が陥落された場合はどうなるのでしょうか?

※陥落した盟主の同盟に所属するすべてのプレイヤーが陥落扱いになります!
所属する全てのプレイヤーが陥落扱いとなるため、所属するプレイヤーは盟主を全力で守ることになります。一致団結ですね!

では、陥落されるとどうなるのでしょうか?

陥落してしまった…

陥落させられた場合:
陥落させられると、一部の領地がランダムで失われ、領主がいない状態になる。倉庫の資源も最後の一撃を与えたプレイヤーに一部が略奪される

ゲーム内説明より

と、あります。実際にすべての領地の場所や資源の数値を把握している方は少ないと思いますが、そうなるようです。(全然気が付かなかった…)

また陥落した場合は、陥落となったプレイヤーの所有している領地を利用して出兵ができるようになります。出兵には自分の領地(または所属している同盟の他プレイヤーが所有している領地)が隣接している地点しか出兵できませんが陥落状態のユーザーが所有している領地を利用し、自分の領地が隣接していない地点に出兵できることになります。

また、12時間の休戦状態になります。

では陥落させられてしまった場合、どんなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット

・陥落を遂行したプレイヤーが所属する同盟全ての領地ならびに本城へは攻撃ができなくなる
・自分が所属する同盟が所有している「同盟効果」が適用されなくなる
・同盟効果が適用されないので同盟員が所有する領地を利用することができなくなる
・また逆もあり同盟員が陥落状態の同盟員の領地を利用できなくなる
・陥落状態では移転操作ができない

たぶんそれぐらいかと思います。ですので陥落をさせた同盟に囲まれている場合でもない限り資源的に損をしますが、ゲームの説明にある通り

注意:
1.陥落はゲームの正常な進行に影響はなく、陥落しても領地、城の所有者は変わらない。
2.同盟に在籍するプレイヤーしか他の勢力を陥落させることはできない。盟主が陥落すると同盟全員が陥落状態になる。

ゲーム内説明より

の1に該当するように、ゲームの進行上遅れをとることはありますが極端に不利になるということは無いようです。

一つ注意してほしいのがこのゲームは同盟Vs同盟の戦いに発展することが多々あります。
自分が所有する領地が盟主の近くにあったり、重要拠点の近くにあった場合、領地を利用され敵同盟が一気に進軍してくる可能性もあります。(そうでもしないと一マスづつ進軍は辛いものがありますが…)その時には同盟の方などに相談をし破棄するようにした方がいい場合もあります。

陥落状態解消

陥落した状態であまりゲームの進行上影響が少ないといっても気分的に良いものではありません。

陥落状態を解消するには3つのうちどれかをすることになります。

  • 反逆
  • 救出
  • 流浪

反逆

まずは反逆ですが、陥落させられた同盟に一定の資源を支払うことで陥落状態から抜け出すことができます。資源は累計で献上となっていますので、木材・鉄材・石材・糧食の累計になります。また、一括払いではなく分割払いもできますので、陥落して倉庫からあふれそうな資源をちょこちょこ献上していけばいいかと思われます。

気になる資源の累計ですが、定まっていないようで陥落した同盟員でバラツキがありました。

だいたい40万資源~45万資源の間でした、違いがどこで出ているのかはわかりませんが、名声(名声値に関連)が怪しいところではあります。
何かしらの要因で累計資源数が決まっているみたいです。

参考として:ログインボーナス14回目受け取りの日

救出

こちらは文字通り同盟の仲間に助けてもらうことになります。
助ける方法としては、陥落している自分の本城を再度陥落してもらうことになります。また、この時に救出してくれる同盟員は本城に隣接する地点を確保しなければならないため、協力できることは協力をしましょう!

・自分が所有している領地を放棄したりして最短ルートを作ってあげる
・本城攻撃の際は本城に武将をおかないようにする(防守・要塞などに移動させておく)

守備兵が居ますので、救出に来てくれる方にも被害は出ます。
救出していただいたらお礼は言いましょう!

流浪

もうこんな州には居たくないわ!!!

という時は、流浪も選択に入れましょう。
流浪をすると武将・武将カード・戦法・名声・資源(80%)・資金は現時点のままで移動します。
(※資源は80%です)

簡単に言うとゲームの初期状態に近いものになります。

ゲームを始めたときに州を選択した画面まで戻されます。ですが、上記にある通り持ち越せるものもあります。
ですが気を付けることが

※城施設ならびに所有していた領地はすべて初期値に戻ります!

まぁ、城を捨てて州を移動しているのですからそうなりますよね…

再出発として流浪という選択肢もありますが経験者から流浪前にしておきたいことをいくつか並べておきます。

  • 徴収はしてから
  • 資源をできるだけ貯める(80%持ち越し)
  • 部隊から武将を外し兵士も資源に変えておく
  • ※招募の銭ガチャは施設解放できるところまでしておく

こんなところでしょうか?

流浪してから再度資金を貯めて銭ガチャをフルでできるまで成長するには時間がかかってしまいますが、銭ガチャをしたい方は資金と施設も考えておきましょう。
また、施設:点将台Lv5で解放されるので、Lvが近い場合は上げておくのが良いでしょう。

移動する前にいろいろとやっておきたいことはありますが、ゲームの初期段階まで戻されるということはある程度復活するには大量の資源と時間が必要となります。

また衝動的に「流浪をしてやる!(私ですが…)」と思い実行してしまうと流浪先の周りはすでに他の方がせこせこ開拓をしていた場所や成長したプレイヤーの傍になる事もあります。

できる限りの対策は必要となりますので、準備を怠らず流浪をしましょう!

流浪のたびに3日の冷却時間があり、冷却期間中は流浪の操作ができません

レッツ!流浪ライフ!